YOUR CART(0 ITEM)  サインイン 

EVENTS > 2017年3月21日(火)19:30~ ビジネスパーソンのためのアートセミナー第3弾「海外における企業とアートの関係」

『2017年3月21日(火)19:30~ ビジネスパーソンのためのアートセミナー第3弾「海外における企業とアートの関係」』

2017年3月21日(火)19:30~ ビジネスパーソンのためのアートセミナー第3弾「海外における企業とアートの関係」2017年3月21日(火)19:30~ ビジネスパーソンのためのアートセミナー第3弾「海外における企業とアートの関係」
  • PRICE
  • 3,241 + tax
EVENTS

『2017年3月21日(火)19:30~ ビジネスパーソンのためのアートセミナー第3弾「海外における企業とアートの関係」』

アマナ・アートフォトプロジェクトでは、ビジネスパーソンのための企業とアートセミナー第3弾として、ミネアポリス美術館 写真ニューメディア部門長・中森康文と、美術ジャーナリスト・小川敦生によるセミナー「アメリカにおける企業とアートの関係」を開催いたします。アメリカの美術館運営における企業の重要な役割をリアルに伺い、アメリカにおける企業とアートの関係に迫ります。

アメリカでは、美術館キュレーターの大きな役割は企業との関係を築くことだそう。 実際、ミネアポリス美術館の公式サイトによれば、10万ドル以上の寄付をしている企業が20社もあるとのこと。アメリカ企業は想像以上に自社ビジネスに対するアートのポジションを重要視しているといえないでしょうか。

それでは、企業はなぜ美術館に多額の寄付をするのか?それに対して、美術館は何を提供し、社会はそれをどう評価しているのか? また、美術館への寄付以外、アメリカ企業はアートとどんな関係を築こうとしているのか?「企業とアート」というと、日本では単なる社会貢献ととらえられがちですが、もう少し別の意味合いもありそうです。そんなアメリカ企業の戦略を紐といていただきます。 また、聞き手である日本経済新聞社文化部出身、現美術ジャーストの小川氏にも日本企業と比較して論じていただきます。国内のみならず海外市場を意識する日本企業として、今後のヒントも得られる機会としてぜひご参加ください。
    PAGE TOP